作品

PREJUDICE(プレジュディス)

PREJUDICE

発売情報

形態 : シングル (10th)
発売日 : 2004年9月8日
商品番号 : WPCL-70022
価格 : \1,000 (税抜) / \1,050 (税込)
レーベル : WARNER MUSIC JAPAN

収録曲

  1. PREJUDICE歌詞
    Lyrics & Music: Howie
  2. PREJUDICE (acoustic studio live version)
    Lyrics & Music: Howie
  3. IN THE RISING SUN (piano instrumental)
    Music: Howie, Yasu & Full

コメント

CD帯
NICOTINEの進化は、止まらない。
空前のビッグアルバム「SESSION」からの直前先行シングル、LAから緊急到着!
全世界のロックキッズへ贈る、ハード&ソリッドなスーパーメロディックチューン!
YASU
今回のシングルは持ち味のハードロックよりなリフと哀愁のメロディを前面に出したクールな曲だね。
やはりアメリカでレコーディングしただけあって全体の音も凄く太くて、
特にドラムとギターは正にMade in USAって感じの西海岸サウンドに仕上がっています。
カップリングにはHowieがヴォーカルで、例によって俺の実の兄がピアノ弾いてのスタジオライブによる「Prejudice」。
そして、3曲目には名曲「In The Rising Sun」をこれまた俺の兄貴がアレンジしてかなり渋いピアノインストヴァージョンで収録しました。
マジでシングルとは思えない程聴き応えのある壮大な作品になっているので是非聴いてみて欲しいです。
ちなみにジャケットはプロモーションビデオ撮影の合間にこれまたLAで撮ったもので、
サウンド面(アメリカ録音)とアートワーク(写真)といった点でもアルバムにリンクしているので、
とても充実した内容だと思います。
これと前回のシングル「太陽(ティダ)の樹の下」を毎日聴いて予習して、次のアルバムに挑戦して欲しいね。
FULL
アルバム(セッション)からの先行シングル、前回のシングル、ティダの樹の下では夏にピッタリのレゲー風だったが、
今回は、俺たちが得意とするマイナーで疾走感のある曲、この曲を聴けばアルバムも絶対、聴きたくなる!
カップリングは、なんと!プレジュディスのピアノライブこれまた泣かせる仕上がりになってる、
さらに10Thツアーでながしていた、イン ザ ライジングサンのピアノのインスト、
これはファンのみんなが聴きたいとの声が多かったのでみんなへのプレゼント!
是非聴いてみて!
管理人
アルバム「SESSION」からの先行シングルカット。
映画並のPVは必見。
オリコン初登場82位。